合成樹脂製品・物流機器[コンビテナー] / ヤマト・インダストリー株式会社

製品開発の段階からお客様と一緒に連携開発を行うデザイン・イン体制採用

開発の詳細を早い段階から把握することにより、事前に問題点等を解決することが可能である為、製品開発が効率化され、生産性が向上するとともに、高品質の製品を開発することが出来ます。

  • (1)打ち合わせ

    型仕様の取り決め

    成形機型締め力、金型プレート数、取り数、ランナー方式、ゲート跡、E.P跡、製品取り出し方法、PL位置、測定基準、入れ子、肉抜き等の細かい内容を取り決めます。

  • (2)設計

    生産モデル作成

    金型設計

    モデルに勾配をつけてPL(パーティングライン)が入った生産モデルを3DCADで作成します。生産モデルが出来上がったら金型設計に入ります。

  • (3)解析

    樹脂充填解析

    金型冷却解析

    金型強度解析

    冷却に要する時間や金型の熱が均一に除去されているか等を解析します

  • (4)金型加工

    NCデータ作成(CAM)

    金型加工・組立

    金型を加工するためのNCデータを作成し、コンピューター上でシュミレーションします。問題なければデータを出力し、実際に加工に入ります。

  • (5)試作(成形)

    成形条件検討

    金型・成形品確認

    金型動作確認

    金型を成形機にセットし、金型の動作確認や成形品の確認を行います。

  • (6)製品評価

    製品評価・測定

    引張荷重試験等

    製品を測定し、図面や打ち合わせで取り決めた寸法で出来上がっているか、強度は満たしているか等の製品評価を行います。

お問い合わせ

  • ご相談・ご質問等ございましたらこちらにお問い合わせください

  • 049-235-1234 (川越)
    03-3834-3230 (東京)
合成樹脂製品・物流機器[コンビテナー] / ヤマト・インダストリー株式会社

川越本社

〒350-0001

埼玉県川越市大字古谷上4274

TEL : 049-235-1234
FAX : 049-235-1122

東京本社

〒110-0015

東京都台東区東上野2-14-1
マルコーセンタービル3F

TEL : 03-3834-3230
FAX : 03-3832-3540


PAGE TOP